エンコーダでサイズの調整

オンラインゲームの動画を録画したままだとファイルのサイズがかなり大きいのでエンコーダを使用してサイズを小さくします。色々な種類がありますが、今回はWindows Media エンコーダ 9 シリーズを使用してみます。画質を保ちつつサイズを抑えるのが理想ですが、そこは妥協して手数を減らし字が読める程度のゲーム動画を作ってみます。

使用したエンコーダ
Windows Media エンコーダ 9 シリーズ

現在はこちらがオススメ
GOM ENCODER

使い方の例
エンコーダをDL/インストールする
   ↓
起動画面で「ユーザー設定のセッション」をクリック。
   ↓
「ソース」タブ
中段の入力ソースの「ファイル」にチェック。
参照からエンコードしたい該当ファイルを指定。
   ↓
「出力」タブ
「ファイルにエンコード」をチェック。(全てのチェックを外すと変化。)
すぐ下の枠にファイル名を適当に入力。
   ↓
「圧縮」タブ
下段のビットレートを選択する。(規定値は282kbps)
右上の少し下にある編集ボタンをクリック。
   ↓
「圧縮」タブで設定したビットレートの値のタブをクリック(規定値は282kbps)
「ビデオ入力と同じ」にチェック。
「OK」をクリック。
   ↓
上部のツールバー「エンコードの開始」緑のボタンで開始。

もう少し画質にこだわるなら
・「圧縮」タブのビットレートの調整。
・「圧縮」タブの2パスエンコードをチェック。
・動きの多い動画は「圧縮」>「編集ボタン」にあるキーフレームを下げる。

記載している方法は最良の組み合わせではありません。
「オンラインゲームの種類」「使う用途」「目指すファイルの大きさ」によって色々と試したり検索するとより良い動画が作成できるはずです。


最後にアップロード
完成した動画をそのまま記念に置いておくのも良いですが、投稿サイトを通して公開したり、ブログにアップしたりしてコミュニケーションに役立てよう!

動画投稿サイトへのアップロード方法は各サイトでご確認ください。
YouTube
ニコニコ動画

ゲームに関するFAQ一覧

動画作成の関連記事

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

遊んだことがあるゲームならどんな感じか教えてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ